復讐の甘い檻:あらすじ・感想

こんにちは。かわさき(@kawasa55_)です。

今回は『復讐の甘い檻』を紹介します。

ルヴォー家の令嬢アイディーリアとフォンタナ家の嫡子シルヴィオは、敵対する関係でありながらも互いに惹かれあい、ひそかに愛を育んでいた。ところがルヴォー家の陰謀によりフォンタナ家は粛清され、シルヴィオも行方不明に。

それから5年、罪の意識に苛まれ、修道女として過ごしていたアイディーリアの前に、隣国の大公となったシルヴィオが現れる。しかし彼はまるで別人のような変貌を遂げていて……。

まだ読んでいない人も楽しめるように「ネタバレなし」で紹介してますので、安心して読んでくださいね。

スポンサーリンク

作品情報

著者コミック:コヤマナユ 原作:最賀すみれ
出版社一迅社
連載誌/レーベルZERO-SUMコミックス
巻数全2巻(完結)

最賀すみれ先生の同名小説のコミカライズ版です。

原作小説はコチラ↓↓

あらすじ

ルヴォー家の令嬢アイディーリアは、政敵であるフォンタナ家の嫡子シルヴィオと惹かれあい、ひそかに愛を育んでいた。しかしルヴォー家の陰謀によりフォンタナ家は粛清され、シルヴィオも行方不明になってしまう。

それから五年、罪の意識に苛まれるアイディーリアの前に、隣国の大公となったシルヴィオが現れる。

「おまえに許されるのは、俺の慈悲を乞うことだけだ」愉悦の笑みを浮かべる彼に純潔を奪われたアイディーリアは、それから毎夜、熱い欲望を穿たれて――。

引用元:コミックシーモア

無料試し読みはコチラからどうぞ↓↓

>コミックシーモアで読む >BookLive!で読む >ebookjapanで読む >Renta!で読む

この漫画のここがよかった!

ロミジュリのような恋のお話です。

カテゴリが少女漫画になってるけど、TLだと思います…。

両家の確執と過去の惨劇から、なかなか心を通わせられないヒローとヒロインが切ない。

ロミジュリのような悲しい結末ではなく、二人ともハッピーエンドになってほしいです。

おわりに

今回は『復讐の甘い檻』を紹介しました。

復讐を誓う大公と贖罪に囚われた令嬢のラブロマンス。ぜひ読んでみてくださいね!


復讐の甘い檻: 1【電子限定描き下ろしカラーイラスト付き】 (ZERO-SUMコミックス)

ブログ・ランキングに参加中!ぜひポチっとお願いします。
  ↓↓

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ
にほんブログ村

電子書籍おすすめストア

電子で漫画を読むならコミックシーモア

  • 新規無料会員登録時、お好きな作品に使える50%OFFクーポンプレゼント
  • レンタルや読み放題などにも対応

国内最大級の総合電子書籍ストア!BookLive!

  • 新規無料会員登録で50%オフクーポン配布
  • ハズレなしで毎日引けるクーポンガチャを実施
  • 115万点以上の電子書籍を配信

1回読めたらいいという方はRenta!がおすすめ

  • 電子書籍が48時間レンタルできる
  • レンタル後、無期限アップグレードで購入もできる

こちらの作品もオススメ↓↓

好きなこと 少女漫画 漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
カテゴリー
スポンサーリンク
我が眠りを妨げたのは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました