拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ:あらすじ・感想

こんにちは。かわさき(@kawasa55_)です。

今回は『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』を紹介します。

病弱な上に引っ込み思案な性格で“はずれ姫”と陰口を叩かれている王女リデルが、憧れの騎士オスカーと夫婦になったことから物語は始まる。

夫になったオスカーはリデルになぜか冷たく、希望に満ちた夫婦生活は不遇の日々へと変わってしまう…。

まだ読んでいない人も楽しめるように「ネタバレなし」で紹介してますので、安心して読んでくださいね。

スポンサーリンク

作品情報

著者漫画:由姫ゆきこ 原作:八色鈴
出版社オーバーラップ
連載誌/レーベルコミックガルド

八色鈴先生の同名小説のコミカライズ版。「小説家になろう」発の大人気作品!

単行本(コミックス)の第1巻が2020年12月25日に発売されました。

原作小説はコチラ↓↓

あらすじ

病弱で引っ込み思案な王女リデルは、才覚に溢れた騎士オスカーに恋をし晴れて夫婦となる。

しかし、偶然この結婚はオスカーが望んでいない婚姻と知ってしまい、希望に満ちていたはずの夫婦生活は空回り、二人の心はすれ違っていく。そして、追い打ちをかけるように悲劇がリデルを襲い、命を落としてしまう。

だが、二人の物語はそこで終わりにならなかった――。

“はずれ姫”と蔑まれた元王女と“氷の騎士”と謳われた青年伯爵。これは、不器用な二人が時を越えて紡ぐ、恋の物語。

引用元:BookLive!

無料試し読みはコチラからどうぞ↓↓

>BookLive!で読む >コミックシーモアで読む >ebookjapanで読む

登場人物

【リデル・ラ・シルフィリア】
「王家のはずれ姫」と揶揄される第四王女。姉の結婚式に出席した際にオスカーと出会い、以来ずっと淡い恋心を抱き続けていた。

【オスカー・ディ・アーリング】
二つ名は「氷の騎士」。アッシェン領を治めるアッシェン伯爵であり、多くの武勲もあげている。

【ジュリエット・ディ・グレンウォルシャー】
フォーリンゲン子爵のひとり娘。十六歳になった後、自身の前世がリデルであることや、転生したことを思い出す。

この漫画のここがよかった!

1巻から号泣でした…。

お互いに不器用すぎて、いちばん大事なことを伝えず、確認をせずに、不幸なタイミングが重なってリデルとオスカーは悲しい結末を迎えてしまいます。

できれば二人とも幸せになってもらいたい!

おわりに

今回は『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』を紹介しました。

“はずれ姫”と蔑まれた元王女と“氷の騎士”と謳われた青年伯爵。不器用な二人が時を越えて紡ぐ、恋の物語。

ぜひ読んでみてくださいね!


拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ 1 (ガルドコミックス)

ブログ・ランキングに参加中!ぜひポチっとお願いします。
  ↓↓

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ
にほんブログ村

電子書籍おすすめストア

国内最大級の総合電子書籍ストア!BookLive!

  • 新規無料会員登録で50%オフクーポン配布
  • ハズレなしで毎日引けるクーポンガチャを実施
  • 115万点以上の電子書籍を配信

電子で漫画を読むならコミックシーモア

  • 新規無料会員登録時、お好きな作品に使える50%OFFクーポンプレゼント
  • レンタルや読み放題などにも対応

1回読めたらいいという方はRenta!がおすすめ

  • 電子書籍が48時間レンタルできる
  • レンタル後、無期限アップグレードで購入もできる

こちらの作品もオススメ↓↓

好きなこと 少女漫画 漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
カテゴリー
スポンサーリンク
我が眠りを妨げたのは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました