執筆中につき後宮ではお静かに 愛書妃の朱国宮廷抄:あらすじ・感想

こんにちは。かわさき(@kawasa55_)です。

今回は『執筆中につき後宮ではお静かに 愛書妃の朱国宮廷抄』を紹介します。

主人公の青楓は小説家志望で、「自分の部屋を持てて引きこもれる」という理由から後宮入りし、日々執筆に勤しんでいた。

ある夜、彼女が原稿応募のために出歩いていると、謎の襲撃者たちに遭遇。間一髪のところを助けてくれたのは、この国を統べる皇帝で……。

中華後宮を舞台に描かれる、変わり者妃の謎解きミステリーです!

まだ読んでいない人も楽しめるように「ネタバレなし」で紹介してますので、安心して読んでくださいね。

スポンサーリンク

作品情報

著者漫画:葛井美鳥 原作:田井ノエル
出版社KADOKAWA
連載誌/レーベルBRIDGE COMICS

田井ノエル先生の同名小説のコミカライズ版です。

原作小説はコチラ↓↓

あらすじ

小説家を目指す娘・青楓(ただし才能は皆無)は、自分の部屋を持てて引きこもれる、という理由で後宮入りし、日々執筆にいそしんでいた。

ある夜、原稿応募のために出歩いていると、謎の襲撃者たちに遭遇する。間一髪のところを助けてくれたのは、この国を統べる皇帝だった!

創作活動でムダに蓄えた知識を買われた青楓は、執筆の平穏を条件に、後宮で起きた不審死事件の真相を掴むべく、囮になることを命じられるが――。

引用元:BookLive!

無料試し読みはコチラからどうぞ↓↓

>BookLive!で読む >コミックシーモアで読む >ebookjapanで読む >Renta!で読む

この漫画のここがよかった!

後宮ものなのに主人公のテンションが低いww

飄々としてるようで、実は人情家な青楓が不本意ながら活躍する流れが面白い!

黒幕は!?結末は!?気になって、どんどん読んでしまいました。

後宮のシステムもちょっと独特で、楽しめますよ!

おわりに

今回は『執筆中につき後宮ではお静かに 愛書妃の朱国宮廷抄』を紹介しました。

オタク妃が中華後宮内の陰謀に立ち向かう謎解きミステリー、ぜひ読んでみてくださいね!


執筆中につき後宮ではお静かに 愛書妃の朱国宮廷抄 1 (BRIDGE COMICS)

ブログ・ランキングに参加中!ぜひポチっとお願いします。
  ↓↓

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ
にほんブログ村

電子書籍おすすめストア

国内最大級の総合電子書籍ストア!BookLive!

  • 新規無料会員登録で50%オフクーポン配布
  • ハズレなしで毎日引けるクーポンガチャを実施
  • 115万点以上の電子書籍を配信

電子で漫画を読むならコミックシーモア

  • 新規無料会員登録時、お好きな作品に使える50%OFFクーポンプレゼント
  • レンタルや読み放題などにも対応

1回読めたらいいという方はRenta!がおすすめ

  • 電子書籍が48時間レンタルできる
  • レンタル後、無期限アップグレードで購入もできる

こちらの作品もオススメ↓↓

女性漫画 好きなこと 漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
カテゴリー
スポンサーリンク
我が眠りを妨げたのは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました