私のお母様は追放された元悪役令嬢でした 平民ブスメガネの下剋上:あらすじ・感想

私のお母様は追放された元悪役令嬢でした

こんにちは。かわさき(@kawasa55_)です。

今回は『私のお母様は追放された元悪役令嬢でした 平民ブスメガネの下剋上』を紹介します。

“ブスメガネ”と呼ばれ、孤独な学園生活を送る少女・アシュリー。彼女はかつて悪役令嬢と呼ばれた母と、母を凌辱した貴族の男との間に生まれた子供だった。

そんな過去を公にしないため、醜い姿になる魔術道具を身に付け、誰にも気付かれないような毎日を送っていたアシュリーだったが、生徒会長のクリストファー王太子は彼女のことを気にかけているようで……。

まだ読んでいない人も楽しめるように「ネタバレなし」で紹介してますので、安心して読んでくださいね。

スポンサーリンク

作品情報

著者漫画:ていか小鳩 原作:ベキオ
出版社スクウェア・エニックス
連載誌/レーベル ガンガンONLINE

ベキオ先生の同名小説のコミカライズ版。コミック(単行本)の第1巻が2022年6月10日に発売されました。

原作小説はコチラ↓↓ 

あらすじ

決して正体を知られてはいけない。その目もその髪も、母や王国の人々を不快にさせるものだから…。
15歳の少女アシュリーの母は、かつて悪役令嬢と呼ばれ、追放される途中にさらわれた過去があった。アシュリーはさらわれた末に身ごもった子で、目の色と髪の色が、母親をさらった男と同じなのだという。

魔法の力でブサイクになるメガネとカチューシャを着けたアシュリーは、ブスメガネと呼ばれ、友達を作ることも出来ず孤独な学園生活を送っていた…。しかし、不思議な生き物と出会い、王太子殿下に気に入られてしまい…?

これは悪役令嬢を母に持つ娘が幸せを手に入れるまでの物語。

引用元:BookLive!

↓↓無料試し読みはコチラからどうぞ

>BookLive!で読む >コミックシーモアで読む >ebookjapanで読む >Renta!で読む

この漫画のここがよかった!

謎が多い…

メガネを取ったら美少女でした~、古すぎる設定が逆にいい感じ!

淡々としている主人公ですが、辛い背景をあまり卑屈に捉えずに、健気でひたむきに生きる姿に好感がもてます。

ミステリー要素もあり、今後の展開がかなり気になります…

おわりに

今回は『私のお母様は追放された元悪役令嬢でした 平民ブスメガネの下剋上』を紹介しました。

元悪役令嬢の母を持つ少女が幸せを手に入れるまでの物語描く下剋上ファンタジー、ぜひ読んでみてくださいね!

ブログ・ランキングに参加中!ぜひポチっとお願いします。
  ↓↓

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へにほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ
にほんブログ村

電子書籍おすすめストア

1回読めたらいいという方はRenta!がおすすめ

  • 電子書籍が48時間レンタルできる
  • レンタル後、無期限アップグレードで購入もできる

国内最大級の総合電子書籍ストア!BookLive!

  • 新規無料会員登録で50%オフクーポン配布
  • ハズレなしで毎日引けるクーポンガチャを実施

読み放題にも対応!コミックシーモア

  • 新規無料会員登録時、50%OFFクーポンプレゼント
  • レンタルや読み放題にも対応

こちらの作品もオススメ↓↓

好きなこと 少女漫画 漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
カテゴリー
スポンサーリンク
我が眠りを妨げたのは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました