【小説】王太子に婚約破棄されたので、もうバカのふりはやめようと思います:あらすじ・感想

こんにちは。かわさき(@kawasa55_)です。

今回は『王太子に婚約破棄されたので、もうバカのふりはやめようと思います』を紹介します。

婚約者の王太子アランに「バカのふりをしろ」と言われたのに、教養がないことを理由に婚約破棄を告げられたオリヴィア。

あきれる彼女の前に、第二王子サイラスが颯爽と現れ…。

まだ読んでいない人も楽しめるように「ネタバレなし」で紹介してますので、安心して読んでくださいね。

スポンサーリンク

作品情報

著者著者:狭山ひびき イラスト:硝音あや
出版社主婦と生活社
連載誌/レーベルPASH! ブックス

『小説家になろう』掲載を改稿し書籍化。コミカライズの連載も始まりました!

>>コミカライズを試し読み

あらすじ

突然城に呼び出されたオリヴィアは「教養がない」ことを理由に婚約破棄を告げられて、唖然とした。視線の先では婚約者であった王太子アランが、伯爵令嬢ティアナとともに立っている。オリヴィアに「バカのふりをしろ」と言ったのはアランなのに、過去に自分が何を命じたか忘れてしまったのかしら。

あきれて婚約破棄を受け入れたオリヴィアの前に、颯爽と現れたのは第二王子サイラス。婚約破棄の衝撃も冷めやらぬ大勢の聴衆を前に、彼は突然求婚してきて!?

状況が把握できないオリヴィアだが、これだけは言える。殿下、わたし、もうバカのふりはしなくてよろしいですわね?

引用元:BookLive!

無料試し読みはコチラからどうぞ↓↓

>BookLive!で読む >コミックシーモアで読む >ebookjapanで読む

この作品のここがよかった!

能ある鷹は爪を隠す…

バカなふりをしろ。そう言われていたはずのオリヴィアが、バカなことを理由に婚約破棄されるところから始まるお話。

王太子の愚かさが際立っていますが、次第に王太子自身が自分の愚かさにじわじわと気づく、その過程が面白かったです!

おわりに

今回は『王太子に婚約破棄されたので、もうバカのふりはやめようと思います』を紹介しました。

恋に不慣れな天才令嬢と長年の恋を実らせたい王子のラブストーリー、ぜひ読んでみてくださいね!

ブログ・ランキングに参加中!ぜひポチっとお願いします。
  ↓↓

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ
にほんブログ村

電子書籍おすすめストア

ストア名特徴品揃え試し読み
BookLive!・総合的な品揃え
・ハズレなしで毎日引けるクーポンガチャを実施
・高頻度でクーポン配布
129万冊以上17,000冊以上
コミックシーモア・検索しやすい
・本棚機能が高評価
・新規無料会員登録で70%OFFクーポン配布
87万冊以上12,000冊以上
ebookjapan・PayPayの還元率が高い
・背表紙管理ができる
55万冊以上5,000冊以上
Renta!・漫画など100円からレンタル可能
・レンタル後、無期限アップグレードで購入もできる
レンタル:27万冊以上
購入:64万冊以上
1,400作品以上

こちらの作品もオススメ↓↓

ラノベ 好きなこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
カテゴリー
スポンサーリンク
我が眠りを妨げたのは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました