仮初め寵妃のプライド~皇宮に咲く花は未来を希う~:あらすじ・感想

こんにちは。かわさき(@kawasa55_)です。

今回は『仮初め寵妃のプライド~皇宮に咲く花は未来を希う~』を紹介します。

後継者争いでにぎわう皇宮を舞台に第四皇女のヴィアトーラの活躍を描くファンタジー。

5年前に亡くなった寵妃の連れ子で、皇帝の血を引く弟とともに穏やかに暮らしてきたヴィアのもとに、義父である好色家の皇帝が訪れ妾妃になるよう仄めかす。

彼から逃れるために次期皇帝の筆頭である第一皇子アレクに、期限つきの愛妾契約を持ちかけることにするが…。

まだ読んでいない人も楽しめるように「ネタバレなし」で紹介してますので、安心して読んでくださいね。

スポンサーリンク

作品情報

著者キャラクター原案・コミック:環
原作:タイガーアイ
出版社一迅社
連載誌/レーベルComic ZERO-SUM

タイガーアイ先生の同名小説のコミカライズ版。「小説家になろう」の大人気ファンタジーです!

コミックスの続きはノベルで先読み↓↓

あらすじ

皇宮が後継者争いでにぎわう中、第四皇女のヴィアは焦っていた。それは、好色家の皇帝(義父)に妾妃になるよう仄めかされたから。

今まで病弱設定で目立たないように生きてきたヴィアだったが、じっとしていても状況は悪化するだけ。そこで彼女は次期皇帝の筆頭、第一皇子アレクに期限つきの愛妾契約を持ちかけることにするが――!?

見た目は儚く麗しい、だけど中身は逞しく聡明なヴィアは、周囲を魅了し大国の皇子を振り回す! 型破りな寵妃ヴィアの一代記がここに開幕!!

引用元:BookLive!

無料試し読みはコチラからどうぞ↓↓

>BookLive!で読む >コミックシーモアで読む >ebookjapanで読む >Renta!で読む

登場人物

【アレク】
大国一の領土を誇るアンシェーゼの第一皇子。幼い頃から次期皇帝として育てられてきた。

【ヴィアトーラ】
アンシェーゼの第四皇女。現皇帝パレシスの側妃であったツィティー妃の連れ子で、その面影を色濃く継ぐ絶世の美女。

【セルティス】
アンシェーゼの第二皇子でヴィアの弟。継承権はあるが後ろ盾がなく、不安定な立場にある。

この漫画のここがよかった!

病弱設定の少女が皇子に愛人契約を迫る、一風変わった逆襲のラブファンタジー。

絵が綺麗で、主人公のヴィアトーラがすごく魅力的です。

美しく聡明で逞しい妾妃に振り回される皇子…。ふたりの掛け合いが面白くて、思わず笑ってしまいました。

ふたりの愛は成就するのか、注目です!

おわりに

今回は『仮初め寵妃のプライド~皇宮に咲く花は未来を希う~』を紹介しました。

皇宮で奮闘する第四皇女を描くファンタジー、ぜひ読んでみてくださいね!


仮初め寵妃のプライド 皇宮に咲く花は未来を希う: 1【電子限定描き下ろしカラーイラスト付】 (ZERO-SUMコミックス)

ブログ・ランキングに参加中!ぜひポチっとお願いします。
  ↓↓

にほんブログ村 漫画ブログ おすすめ漫画へ
にほんブログ村

電子書籍おすすめストア

国内最大級の総合電子書籍ストア!BookLive!

  • 新規無料会員登録で50%オフクーポン配布
  • ハズレなしで毎日引けるクーポンガチャを実施
  • 115万点以上の電子書籍を配信

電子で漫画を読むならコミックシーモア

  • 新規無料会員登録時、お好きな作品に使える50%OFFクーポンプレゼント
  • レンタルや読み放題などにも対応

1回読めたらいいという方はRenta!がおすすめ

  • 電子書籍が48時間レンタルできる
  • レンタル後、無期限アップグレードで購入もできる

こちらの作品もオススメ↓↓

好きなこと 少女漫画 漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
カテゴリー
スポンサーリンク
我が眠りを妨げたのは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました